スポンサーリンク

パソコン初心者が購入したい高性能PCの選び方!ゲームなど用途別も!

未分類

こんにちは!めくるです!

冬のボーナスや、クリスマス、年末年始商戦で、お買い物日和の師走。

セールなどもあるので、これを機に気になっていたものを買いたいですよね!

私も長年愛用してきたパソコンを買い替えたいなぁと思うようになり、ショップのサイトをちょくちょく見ています。

オンラインゲームをやっていたせいで、パソコン知識も増えてきたので、初心者むけにパソコンの違いや選び方を書いてみました!

詳細を書くと長くなるので、今回は、簡単な違いを書きたいと思います!

用途別パソコンの選び方と違い

将来どんなことをしたいか、を想定してパソコンを選びましょう。

用途別で簡単に分けてみました。よかったら参考にしてください。

ゲームをしたい方

私もここからスタートだったのですが、ゲームを快適にプレイしたい方は、ゲームのパーツの性能や容量が多いものが必要になってきます。

ですので、基本的にBTOパソコン、いわゆるゲーミングPCを買うのがおすすめです。

私は以前からドスパラというパソコンショップで、性能のいいパーツを組み立てたBTOパソコンを購入して使用してきました。

他にもゲーミングPCを売っているショップとしてはマウスコンピュータなどがありますね。

ゲーミングPCを選ぶコツとしては、いくつかありますが、簡単にいうと、パソコンのサイズ、予算と折り合う性能を考慮して選ぶ必要があります。

【予算と折り合う性能】
パソコンのオンラインゲームをする際のポイントとしては、MMORPGやFPS等の見た目がキレイで重たいゲームをする際は、グラフィックボード(ビデオカード)の性能がいいものが必要になります。反対にスマホゲームをエミュレーターというアプリテストソフトを使っておこなう場合や、ブラウザーゲームなどでは、見た目がそんなに重くないので、グラフィックボードはあまり気にしなくてよいです。
オンボード、といって基盤にくっついているビデオカードは、オンラインゲームをする際には向きませんので、(カクカクしたり動かないこともある)かならず、オンボード以外にグラフィックボードを接続したものがいいです。
※その中でも性能差があるので、予算との兼ね合いになります。
また、どのゲームにも言えることですが、CPUは処理能力の高いものがよく、Core i7のようなものがよいです。
ただし、1年おちや2年おち位の、若干性能が落ちるタイプでも十分動くはずなので、最近出たばかりじゃないとダメ!ってわけではありません。
あと、最近のゲームはメモリーをそこそこ消費します。最低ラインで8GBはないときついです(最低ラインです。)
ただし、ブラウザーゲームに関しては、これ以下でも大丈夫です。(ただし、ブラウザーでいろんなページをいっぺんに開いたままだと、メモリーをたくさん消費しますので、これ以下の場合はあまりページをたくさん開きっぱなしにしないようにしたほうがいいです。)
余裕をもって12GBはほしいところです。お金に余裕があるなら16GBくらいほしいです。
なお、これらのパーツは、性能がいいほどもちろん高いので、予算と兼ね合いで決めましょう。
また、ゲームをする方は将来的に、性能UPのパーツを交換したり、増設したり、故障した時に自分で変えるようにならないと、快適にゲームができないので(ブラウザーとスマホゲームは除く)、知識を増やしていくことが重要です。
(交換方法等大体ネットに載ってますので、その通りにやれば意外と簡単、また性能は、ショップのページなど見比べていくとだんだんわかるようになっていきます。)
【パソコンのサイズ】
BTOパソコンには、タワー型、ミニタワー型、スリム型、ノート型といった大きさがあります。
大きければ大きいほど、パーツの交換等のカスタマイズが楽になりますし、パーツも選びやすくなります。(ケースに入るかどうか考えなくていいため)
ただし、タワー型は女性や、腕力や腰に自信の無い方には向きません。
私も掃除の時などに、タワー型のパソコンを移動しますが、腰の調子が悪い時にタワー型のパソコンを持ち上げたらぎっくり腰になりました。
タワー型は鉄の塊のようなものなので、とても重く、移動が大変です。(男性は大丈夫かもしれませんね)
昔と違って、最近では、ノート型でも、そんなに高くなく、性能の良いゲーミングPCがありますので、腕力や腰の調子の悪い方はノート型かスリムの方がいいと思います。
ただし、ノート型はパソコンの熱を放出する能力がタワーに比べ、劣り、熱暴走やパーツが溶けたりという可能性もありますので、ノート型のパソコンの下に引く、冷やすシートなどを購入しておいたほうがいいかもしれません。
余談ですが、オンラインゲームの多くがMacには対応していません。
ゲームをしたい方はWindowsPCにしましょう。
あと、BTOパソコンについて、サポートは3年はつけましょう。
グラフィックボードなどの高価な、壊れやすいパーツが1年ちょいで壊れたりして、損をすることがあります。※私は1年ちょいでグラフィックボードがさっそく壊れ、3年保証だったので、タダで交換してもらいました。普通にグラフィックボードのその時期に出ている普通ランクのを買うと4万くらい飛びます)

プログラミングをしたい方

プログラミングをしたい方が選ぶ基準としては、テスト環境が動く性能と、環境が導入できるOSだと思います。

私は写経プログラマーなので、本格的に開発をしたことがないのですが、写経モードで、ReactNativeという言語を使ってアプリ開発を試しにやってみた感覚で、お話させていただきますと、プログラミング開発はMacがいいと思います。

なぜか、というと一番に感じたのが、テスト環境の問題。

Macでは、アンドロイド、iPhoneともにテスト環境が構築できるのに対し、Windowsでは、アンドロイドしかテスト環境が入れられないのが、大きいです。

ものすごく時間を掛けて検索すれば、方法はあるのかもしれませんが、ネットに載っている基本的なテスト環境の構築方法では、WindowsでiPhoneのテスト環境は入れられません。

しかし、iPhoneを自分で持っている方は、iPhone実機でテストすればいい話なので、Windowsでもアイフォンアプリの開発はできます。

また、導入環境も、MacとWindowsで若干違いますので(でもやることは大差ないかも)一回、開発したいプログラミングの環境などを考慮して選んだほうがいいと思います。

あと、テスト環境はものすごくメモリーを食いますので、メモリーは最低ライン8GBからにしたほうがよいです。

私は16GBの方がオススメですが。

CPUもそこそこのものをオススメします。

グラフィックボードは、ゲーム制作じゃなければあまり気にしなくてよいかもです。

イラストや漫画をたくさん書きたい方

現在は、無料のイラスト制作ソフトや漫画作成ソフトも多数存在しています。

ただ、初心者のうちはお手軽にかけるのがいいと思うので、タブレットPCをオススメします。

イラストや漫画の制作ソフトにもよるのですが、無料で、タブレットでかけるものがあり、専用のペンは必要ですが、画面に直接書いている感じで、イラストを書くことができます。

私はPCでイラストも描いたことがありますが、パソコンの場合は、ペンタブレットといって、パソコンにつないで、ペンとペンが反応する板を反応する四角の枠の中で動かし、それをPCの画面を見ながら、書いていく形になるので、まぁ正直いってなれないと、描きづらいです。

しかし、そこはお好みなので、パソコンで描く場合は、まずは、使用したいイラスト、漫画作成ソフトが、入れられるパソコンかどうか、という点が一番のポイントになってくると思います。

まずは、そのソフトが快適に動く環境が、そのソフトのサイトに書いてあると思うので、それ以上のPCを選びましょう。

また、CGなど重い画像はグラフィックボードもそこそこのものが必要になりますし、(ただ、ゲームほどはいらないんじゃないかな~と思います。)メモリーはやっぱり最近なにをするにもたくさん必要になりますので、最低ラインは8GBはほしいところです。

上記に記載したゲーミングPCの紹介でBTOパソコンというのをおすすめしていますが、それを売っているパソコンショップで、イラスト向けのパソコンも売っているので、そういったのを使用するのもありです。※ただし、サポートは3年はつけましょう。また、初心者向けの使い方サポートなどは、BTOパソコンのショップではないことが多いです。

メールチェックや仕事の書類作成など、仕事の事務処理をしたい方

個人的にはメーカーもののパソコンがオススメです。

なぜなら、最初から、ビジネスに必須のofficeがや初心者ガイドが入っている上、サポートもわかりやすいからです。

ゲーミングPCは性能はよいですが、付属のソフトはないので、自分でいれないといけないです。

officeは自分で買っていれるとそこそこのお値段しますので、買うのに躊躇します。またアマゾンでは、詐欺っぽいoffice(買ったら使えなかった等の海賊版的なやつ)も売っているので、初心者のうちは見分けも難しいので、パソコンを買ったお店で入れてもらうか、公式で買った方が安全です。私も自分でamazonで買っていれましたけど、見分けが大変でした。

また、サポートも保証期間なら修理はしてもらえますが、使い方などのサポートがありません。

なので、仕事関連で使う場合は、初心者の場合は、NECや富士通などといった、最初からいろいろソフトが入っていてサポートもわかりやすいものがいいと思います。

最近では、メーカーもののパソコンでも性能がそこそこよくなってきました。

ただ、最近なにをするにもメモリーは8GBはないときつい気がします。

あとCPUもCore i3あたりかそれ以降(それ以降は高くなるので、予算に注意)あたりがいいと思います。

ゲームやプログラミングと違い、そんなに高性能じゃなくても十分動きますので、あまり高いものを選びすぎないほうが、後々、慣れてきた時に、買い換えることも考えるといいかもしれないです。

なお、慣れてくると、いらないソフトが出てくると思います。

貴重なパソコンのスペースを専有するので、いらなくなったと思ったらどんどん削除しましょう。

また、必要になっても、メーカー付属のCDで復活できると思います。(消す前に付属品を見てください。)

年賀状作成や、個人ブログ、フェイスブックなどをやりたい方

個人的にはメーカーもののパソコンがオススメです。

なぜなら、最初から、年賀状制作ソフトや初心者ガイドが入っている上、サポートもわかりやすいからです。

ゲーミングPCは性能はよいですが、付属のソフトはないので、自分でいれないといけないです。

また、サポートも保証期間なら修理はしてもらえますが、使い方などのサポートがありません。

なので、年賀状ソフトやブログなどをしたい時で、初心者の場合は、NECや富士通などといった、最初からいろいろソフトが入っていてサポートもわかりやすいものがいいと思います。

最近では、メーカーもののパソコンでも性能がそこそこよくなってきました。

ただ、最近なにをするにもメモリーは8GBはないときつい気がします。

あとCPUもCore i5あたりかそれ以降(それ以降は高くなるので、予算に注意)あたりがいいと思います。

ゲームやプログラミングと違い、そんなに高性能じゃなくても十分動きますので、あまり高いものを選びすぎないほうが、後々、慣れてきた時に、買い換えることも考えるといいかもしれないです。

なお、慣れてくると、いらないソフトが出てくると思います。

貴重なパソコンのスペースを専有するので、いらなくなったと思ったらどんどん削除しましょう。

また、必要になっても、メーカー付属のCDで復活できると思います。(消す前に付属品を見てください。)

お手軽なお店に相談できるシステム

最近ではBTOパソコンのネット通販などのサイトでもチャットで相談できたりするシステムができているようす。

お店が遠い!よくわからないから相談したい!という場合は、チャットで聞いてみたり、電話やメールで聞いてみるのもいいと思います。

また、迷ったら、14万くらいのBTOパソコンとかだと、そこそこ動くので、あんまり間違いはないと思います。

最初はそういうパソコンを使ってみて、物足りなかったら、ワンランク上を買う!というのも有りだし、もう最初から何もわからないからいろいろ教えてほしい!というのであれば、メーカーもの(NECや富士通)などで、付属の操作ガイドやサポートを目当てに購入すると楽でしょう。(ただし、同じ値段で比べるとBTOパソコンより性能は落ちる)

【まとめ】パソコン初心者が購入したい高性能PCの選び方!ゲームなど用途別も!

今回は、初心者に向けて、用途別パソコンの選び方・・・を書いてみたつもりですが、今読み返してみると、ちょっとむずかしい内容になっているかもしれませんね・・・すいません。

簡単にまとめますと、将来やりたいことが、

グラフィックが重いオンラインゲームなら、パソコンショップのBTOパソコン(ゲーミングPC)で、Windowsのもの。カスタマイズするならタワーで、体力に自信の無い方はノートがいい。

またプログラミングは、アプリのテスト環境の観点からMacのがいいと思う。

イラスト系は、タブレットPCが紙に描いているみたいで書きやすいが、使いたいイラスト、漫画用ソフトによる。

仕事や年賀状PCは、そんなに高性能じゃなくても動くので、officeや年賀状ソフトが最初から入ったり、操作ガイドなどがついてサポートがわかりやすいメーカーもの(NECや富士通など)がよい。

ということでした。

以上。パソコン初心者が購入したい高性能PCの選び方!ゲームなど用途別も!でした!

コメント

  1. cbd oil より:

    What’s up it’s me, I am also visiting this website daily,
    this web site is genuinely pleasant and
    the people are genuinely sharing good thoughts.

タイトルとURLをコピーしました