スポンサーリンク

世界まる見えに登場の水中カメラマン峯水亮さんが撮影を始めたきっかけは?使用カメラは?年齢や大学、写真集もご紹介!

話題の人

こんにちは!めくるです!

世界まる見えテレビで、水中写真家として、紹介されたカメラマン、峯水亮さん。

海底の世界で、まるで、海の中のホタルのような、美しい海洋生物の写真でしたね!

過去にクレイジージャーニーでも、紹介された峯水さんですが、このような美しい写真を撮り始めたきっかけは、何だったんだろう?

どんなカメラ使っているとあんなにきれいな写真がとれるのかな?

年齢は?学校は?どんな写真集を出しているのかな?

と、いろいろ疑問に思ったので調べてみました!

プランクトンの撮影をしようと思ったきっかけは?

撮影のきっかけは?

プランクトンの撮影に取り組んだきっかけは、クラゲ。

最初は、クラゲが透明だったので、写真を撮っても、まともに写らなくてクラゲの美しさになかなか気づくことはできなかったそうです。

でも、しっかりとクラゲの写真が撮れるようになると、目で見ただけでは、気付けなかった、繊細な体の構造や、宝石のような輝きに魅了されて、いつしかもっとたくさんの人にクラゲの魅力を知ってもらいたいと思うようになったそうです。

考えてみれば、暗い中に輝く美しいものって、写真に写りにくいですよね!

私も、夜の花火大会を幾度となく撮影しようとしましたが、きれいにとれませんでした。

海に漂っているクラゲも、海は暗いし、体は透けてるし、で撮影するのはとても難しいと思います。

そんな、撮影が難しい、きれいなものが、写真に写った時、芸術と呼ばれる美しさが表現できるのだと思います。

毎回、そんなきれいな写真が撮れたらはまっちゃいますよね!

ちなみに私は知りませんでしたが、クラゲはプランクトンに分類されるようですよ。

年齢は?大学は?

峯水亮さんは、1970年生まれ。現在49歳です。

27歳の時に、水中写真家として独立されたので、水中写真家としての活動は22年目となります。

2016年には、第5回、日経ナショナルジオグラフィック写真賞でグランプリを受賞しました。

また、2019年には日本写真協会・新人賞を受賞しています。

気になる大学は?というと、最終学歴は高校中退だそうです。

高校を中退した理由は、海洋生物にはまったからではなく、音楽活動にのめり込んだからだそうです。

その後、音楽活動をやめ、就職し、そこで出会った上司にダイビングにさそわれて、ダイビングガイドになり、そこから海洋生物との出会いがうまれたようです。

最初は、音楽にはまって高校をやめたのに、ふとしたきっかけから大好きなものが見つかるなんて、不思議なものですね!

私たちも一見関係なさそうなことでも、どんどんチャレンジしてみると、大好きな何かが見つかるかもしれません。

行動って大事ですね!

使用カメラはどんなカメラ?

現在使用されているカメラは下記のカメラだそうです。

Canon EOS 5DMarkⅣ(4K30P) with Anthis Nexus Housing
Canon EOS 5Ds with Anthis Nexus Housing
Canon EOS 5DMarkⅡ
Canon EOS 70D with INON X2 Housing

これって、どんなカメラなんだ!ということで、Canon EOS 5DMarkⅣ(4K30P) with Anthis Nexus Housing を調べてみました。

Canon EOS 5DMarkⅣ(4K30P) with Anthis Nexus Housing は、withから後ろの名称は、カメラに取り付ける水中撮影機材で、カメラ本体の名称ではないようです。

この機材は、水深75mまでの耐久性があるため、この機材をつけることによって、深海での撮影が可能になるようです。

そういうわけで、カメラ自体の名称は、withから前の部分です。EOS 5DMarkⅣ(4K30P)の部分ですね。

キャノン製を好んでつかっているようです。

キャノン製の特徴は、鮮やかな色が特徴ということですので、クラゲの輝きにはもってこいかもしれませんね。

なお、このカメラは画素数が約3040万画素です。

比較の対象として、2万円くらいのデジタルカメラを調べてみましたが、それらの画素数は、2000~2100万画素でした。

画素数的には1000画素くらい高く、とても性能のいいカメラを使用しているようです。

一応比較の対象にスマホも記載しておきます。Xperia5で、1220万画素、iPhone10でも1200万画素です。

ちなみに、画素数が大きいほど、多くの情報を記録できるらしいです。

お値段は、というとCanon EOS 5DMarkⅣボディーという種類のカメラで、アマゾンで25万円くらいです。

やはり、プロのカメラマンだけあって、道具もしっかりしたものを使っていますね。

写真集のご紹介

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

2018年8月13日発行で、出版社が日経ナショナルジオグラフィック社です。

アマゾンだと2,970円ですね。

他にも日本クラゲ大図鑑や、水中撮影テクニックなど、写真集ではありませんが、峯水亮さんが著作された本が、7冊ほどあり、アマゾンでも複数購入できるようです。

美しい海洋生物の写真にハマった方は、ぜひ購入してみるとよいですね!

また、自分も水中の写真をとってみたい!という方は、水中撮影テクニックで勉強してみるといいかもしれません。

まとめ

今回は、世界まる見えテレビでご紹介された、水中写真家の峯水亮さんの、プランクトンを撮影するきっかけや、年齢、大学等のプロフィールや、使用カメラ、写真集などの情報をご紹介しました!

クラゲの水槽を見ると、ふわふわして、体も透けていてきれいだなーと思いますが、なかなか写真にして、写し出すとなると自分ではできません。

そんなクラゲ写真の魅力を伝えてくれるのが、峯水亮さん。

これからも、現実とは思えない美しい写真をどんどん発表していただきたいです。

以上。世界まる見えに登場の水中カメラマン峯水亮さんが撮影を始めたきっかけは?使用カメラは?年齢や大学、写真集もご紹介!でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました